ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【旅英語】Good!からの卒業。ネイティブに感動を伝える褒め言葉 Top6

ホテルのチェックアウト時やレストランでこんなやりとりをしたことがないでしょうか?

STAFF

ホテルで:How was your room?
レストランで:How was your meal?
Oh……!! Good!! Good!!

UNI

Goodじゃダメ?

気分は「超最高!」と言ってるつもりが、どうもこちらの返事に納得していないご様子・・・。

そしてその後も・・・

STAFF

Good? Good?

と、しつこく聞き返される・・・。

Goodという単語

日本人にも馴染みがあり、言いやすく便利な言葉ですが、ネイティブから見ると、このGoodは、私たち日本人が思うほど万能な褒め言葉ではない

ネイティブが喜ぶ褒め言葉【Top6】

ネイティブが使う褒め言葉は、バリエーション豊富。使いどころを交えながら見ていきましょう。

【1位】Perfect! Marvelous!

大人がよく使う最高の褒め言葉。映画やドラマでもよく耳にしますが、「天にも昇るような表情」で「イッツ パ〜フェクトゥッ!」と良く言ってます。

Marvelous!は、驚愕する(腰抜かす)ほど「すごい」場合に使われる事が多いですが、大げさすぎたり、奇怪な場面で使われるようで、あまり使うことはないみたいです。(嫌味っぽいみたい。)

  • I am a perfect human.「オリラジ中田」←比喩しすぎ・・・。
  • It’s a marvelous view, isn’t it?「かなりヤバめな絶景じゃね?」

【2位】Incredible! Excellent!

「ミスター・インクレディブル」という映画がありましたが、この映画の原題は”The Incredible”です。”Incredible Hulk”もありましたが、ようは「信じられないぐらいすごい人たち」、「ハルク。ウソでしょ?」みたいなニュアンスです。

私が使っている「スタディサプリ ENGLISH」では、間違うことなく時間内に完璧に答えられると「Excellent! 」と言ってもらえます。

  • That’s an incredible story.「ありえない話」
  • He was in excellent spirits.「彼ってマジ超ご機嫌!」

【3位】Amazing! Fantastic! Wonderful!

大人の褒め言葉といえばコレ。寺島しのぶのフランス人のダンナさんは、なんでもかんでも”Amazing”らしいです。

“Amazing Grace”という歌がありますが、「美しき神の恵み」、「美しき神の恩寵(おんちょう)」などと訳されます。Amazingは「神がかってる!」ぐらいのイメージがあるのかな?
日本人からすると大げさな印象ですが、実際は若干大げさではあるものの、万人受けする褒め言葉。

  • Her song was amazing.「あの子の歌、すっごい良かった!」
  • Your hair is fantastic.「髪型すっごい良いね!」
  • Solo Traveling is wonderful!「一人旅はすっごく楽しいよ!」

【4位】Awesome!

若い子が多用する言葉。カジュアルな口語として私たち世代の大人も使うけど、フォーマルな場所では大人はあえて使わない人が多い。日本語の「マジ超ヤバイ」に近いイメージ。

ブロガー御用達の”Font Awesome”は、「マジで超ヤバイフォント」ってことです。
ニュアンスはCoolよりちょっと上。

  • This documentary is gonna be awesome.「めっちゃ最高のドキュメンタリーになるぞ。」
    (↑ビックバンセオリーS9-7でウィルが激昂するシェルドンを見て言ったセリフ)

【5位】Great! Cool!

よく耳にする褒め言葉。呪文のように、なんでもかんでも”That’s cool!” “That’s cool!”と連発するネイティブもいます。日本人からすると、Goodよりも軽いイメージですが、そうでもないみたいですね。

  • This is a great moment.「めっちゃハラハラする。」
  • Your arms are thick and cool.「あなたの腕って太くて超かっこいいー 」

【6位】Good!! Nice!

ここでようやく登場のGoodですが、実はニュアンス的には「良くも悪くもない感じ」。受け取り方によっては、適当に答えてる感が否めない返答です。

“So good”や”So nice”など、副詞を前につけると、「よかった。」ぐらいにはなる。

  • That’s good.「いんじゃね。」

ネイティブも納得!理想のやり取り

 

STAFF

How was your room?
(お部屋はどうでしたか?)
It was amazing! and I was so comfortable. I’ll come again soon!
(素晴らしかったです!とても快適に過ごせました。また来ますね!)

UNI

STAFF

I’m glad to hear that.
(そう言ってもらえてうれしいです。)

重要なのは気持ち

たくさんの褒め言葉がありますが、なんやかんや一番大事なのは気持ちです。しかし、自分が感じた感動を気持ちのままストレートに相手に伝えられれば、さらにお互い気分が良くなります。

EDO

Goodを卒業して、感動をまんま相手に伝えてみてね!

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です