ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

更年期休暇を懇願!女ひとり旅は【更年期】にも効く?かもしれない。

更年期障害。若い頃から、ある程度覚悟していました。
自分の母親を考えると、当時はわからなかったのですが、「あれは更年期に違いない!」と今になって思い当たることがあります。母親自身も「あれ、更年期だったのかねぇ〜?」と笑い話にしていますが、被害者としては笑い話にはならないことも結構あったぞ!おい!

更年期障害とはなんぞや?

性腺ホルモンの低下に起因する症候群で、主に女性での症候群を意味する。女性の場合、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群。男性でも加齢により男性ホルモンの一種であるテストステロンの急激な減少が起こることがあり、更年期障害が発生する。男性の場合はLOH症候群と呼ばれる。

参考 更年期障害Wikipedia

UNI

英語では”The change of life”なんて言い方もあるそうです。

主な症状

MEMO
  • 突然のほてりやのぼせ
  • イライラや不安感、憂うつ感といった精神的なもの
  • 肩こり頭痛
  • めまいや耳鳴り
  • 疲労倦怠感

こう書くと、普段からよくある症状のようですが、普段よりひどく、なかなか改善しないのが更年期障害の特徴。

UNI

私世代が、この手の主訴で病院に行くと、更年期障害でひとくくりにされるんですよね〜。

私も更年期?

ここ数年、「これは更年期か?」と思うような症状が起こることがあります。特にイライラや不安感、憂うつな感じはそうなのかなぁ?と思います。(ただ単に気が短いだけ?)

よその国に行く時は、未だに緊張するし、「飛行機に乗り遅れたらどうしよう・・・?」とか、「殺されたらどうしよう・・・?」とかしょーもないことを延々考えます。
「今回はやめようかな?」とか「生理前で気が滅入るから、この日出発はやめとこ・・・」とか、航空券を予約するまでは、グジグジ考え、我ながら呆れます・・・。そのおかげで、出発直前の散々値上がりした航空券を買うことになることも多々あります。(←ただのバカ?)

ここ最近は、「旅行中、更年期症状がMAXになったらどうしよう。」っと、頭を抱えることがルーティーンですが何か・・・。

これは更年期症状か?それとも?

去年、娘とアメリカに旅行に行った時の話。
オプショナルツアーに申し込み、早朝に小さなバンがホテルに迎えに着ました。
私たちの他に、同じホテルから乗ってきた人が2名。合計4名が最初に乗り込みました。
すると「あと、6名乗る予定なので詰めてください」とスタッフが言うではありませんか。
「この車にあと6人って無理だろ・・・。」と思いながら次のホテルで2名乗車。

この時点で結構キツイ。「あと3人ってウソだろ・・・。絶対無理だ・・・。どうしよう・・・なんか気分が悪いぞ・・・。い、息ができない・・・。ヤバイ・・・。外の空気を吸わせてくれ!!! 」状態に。

頭の中は超パニック、悪いことばかりが呪文のように湧いてきます。そして、(たぶん)顔面蒼白で、冷や汗まで出てくる始末・・・。

すると、前の方から若い女子が「狭くて苦しい・・・」と言いだしました。
「いいぞ!若者よ!もっと言え!」と思っていたら、スタッフが「すいませ〜ん!男の方は助手席にお願いしまぁ〜す!」となり、(最初からそうしろよ!)オババの更年期まがいな体調不良は徐々に回復。
あのとき若者が何も言わなかったらどうなっちゃってたか・・・今考えても気分が悪い・・・。
これって・・・更年期の症状なんスか?

ひとり旅と更年期

狭いとこはNG。とわかってから、旅行前はそれが悩みの種になり、益々余計なことを考えるようになった私。しかし、いざ旅行に行ってしまえば、「自分は更年期障害で、突然プッツンしちゃう危険人物。」ということをスッカリ忘れてしまっています。(これってホントは危ないのかもな・・・。)ある意味、ひとり旅の「ほど良い緊張感」が、更年期の症状を抑えられているのかな?と、思っています。

UNI

ひとり旅中は、変なモノ食べてお腹壊さないように。とか、ズッコケて骨折しないように。とか、他の体調に気がいきがち・・・。

病は気から?も少しあるかもしれない。

ひとり旅から帰ったあと、日本がえらく暑くて「ちょっと暑くない?」と周りに言ったら「それ、更年期じゃない?」と言われたことがあります。
「そうだった!あたし更年期危険人物だった!」と、そこでようやく思い出したことがあります。

自分が更年期であることは、どうにもできない事実であるし、女性に生まれた宿命。ただ、「更年期であることを意識できない時間」を、ひとり旅を通じて作ることができていると実感しています。

私の更年期症状は、まだまだ序の口であるのは百も承知。このあと襲ってくるであろうラスボスにどう備えるべきか、ハッキリ言ってよくわかりません。更年期世代は家族のことで忙しい方も多いし、周りの理解が乏しかったり、一人で旅行している場合ではない方もたくさんいると思います。そんなときは「更年期なんだからしょうがないじゃん!」と開き直るのも一つの手になることは間違いない!←古っ

生理休暇があるんなら更年期休暇もくれっ!

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です