ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【旅モノ】コンバース大好き日本人へ告ぐ。旅行を楽しみたいならコンバースはそのまま履くな!

海外で白か黒のコンバースを履いている人の90%ぐらいが日本人だったりします。(これにマンハッタンポーテージのバックだったら絶対日本人!)
私もコンバースは大好きですが、旅行には持っていくことも履いて行くことも絶対しません。今日はその理由を書きます。

とにかく重い

シンプルで何にでも合わせやすいので、旅行でも重宝するのはわかるんですが、重くないですか?旅行に色違いで2足も持って行く強者がいますが、私は行きの荷物が重くなるのは絶対許せないのでNG。※最近軽いコンバースもあるみたいですね・・・。

ちなみに、日本ではセミフォーマルの外しアイテムにコンバースを合わせたりしますが、海外のドレスコードがあるようなレストランでは、入店を断られる可能性大。

とにかく足が痛い

これ、日本でもよく出る話題コンバースは長時間歩くと足が痛くなる。
だって考えてみてください。あんな薄いソール。運動靴なのに・・・。足を守る用にはサラサラ作られてません。

一度コンバースでサンタモニカからアボットキニーまで往復したら、足がつけなくなるくらい痛くなりました。
広いテーマパークやハイキングを楽しみたい場合もコンバースはNG。

とにかく滑る

旅先ではないけれど、一度雨上がりのマンホールの上で派手にコケたことがあります。
旅行中いつも晴れているとは限りません。旅行先でケガをしないためにもコンバースはNGが無難。

とにかく乾きが悪い

キャンバス地なのであたりまえですが、濡れるとバツグンに乾きが悪いです。
濡れたコンバースほど気持ちの悪いものはないですね。濡れるアトラクションに乗る場合も、後が悲惨です。

それでもコンバースを履きたい!というアナタへ・・・

【対策1】ソールを入れる(ハイカットの場合)

New Balanceのインソールがかなり良い仕事をしてくれます。
少し値段が高いのですが、入れると足の痛みがだいぶ軽減されます。
私はハイカットにはそれぞれ全てに入れていますが、とりあえず1つ買って使いまわしても良いかもしれません。

残念なことに、ローカットには使えません。(かかとが靴から半分出て、逆に歩きにくいです。)

【対策2】防水スプレーをかける

コンバースに限らず、スニーカーを買ったらすぐに、靴用の防水スプレーをかけましょう。
ただし、白い生地の場合はかけすぎるとシミになる場合もあるので気をつけてください。

【対策3】滑りやすいところを歩かない

転んでもきっと誰かが助けてくれます。しかし、ケガをしたら旅行が台無し。しかも一人旅だったりしたらトラウマになりそう・・・。

そんな残念なことにならないよう、足元は十分注意して下さい。
万が一のために海外旅行保険も必ず入ってでかけましょう。

おまけ

コンバースUSAとコンバースJAPANの違い

同じモノのように思いますが、両者は全くの別物。

コンバースUSAの商標権=NIKEが所有

コンバースJAPANの商標権=伊藤忠商事が保有

日本で売っているものはアメリカにはありません。その逆も然り。
コンバースUSAは日本にないようなオシャレなデザインも多く、取り外し可能なインソール入りのコンバースなんかも売ってます。(さすがNIKE!)


↑アメリカのアウトレットで買ったGOLDコンバース。一見派手ですがコーディネートしやすい。

コンバースUSAは税関で没収されるか?

私はアメリカに行くと3足程度いつも買って来ますが、没収されたことは一度もありません。
しかし、箱は現地で捨ててきます。(かさばるというのが一番の理由)タグは取ったり取らなかったりです。

個人使用の範囲内なら大丈夫だと思いますが、「販売目的じゃね?」と疑われるような大量購入は没収の危険性大です。
コンバースJAPAN側から見ると、コンバースUSAは「バッタモン」扱いになるからなのだそう。
元々アメリカの会社だったのに、大人の事情は複雑。

お気に入りのコンバース。
どうしても一緒に旅したいなら万全な対策を取って、安全で楽しい旅にしてください。

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です