ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

LCC本当に安い? 【JAL vs Jetstar】ガチンコ勝負!

もうすぐゴールデンウィーク!そして夏休み!今年こそは一人旅デビューするぞ!って方もいるかな?旅行が決まっているなら、サッサと航空券を予約してしまうのが吉ですが、旅行費用の中で一番痛いのが航空券。安いがいいに決まってる!

ということで、オーストラリアにLCCで行った場合、どれだけ安くなるのか検証してみました。

●そもそもLCCって何?って方はコチラ↓

kotobank.jp

日本のLCC各社

ピーチ・アビエーション
バニラ・エア
ジェットスター・ジャパン
春秋航空日本
エアアジア・ジャパン

国内線が充実しているイメージですが、海外にも行ける路線が多くあり、中でもJetstar はカンタス航空が親会社だけあって、オーストラリア路線が充実しています。

こりゃ、利用しない手はないね・・・。

【JAL VS Jetstar】オーストラリア路線で検証

※価格は2018年4月12日現在
 

今回、格安航空券比較サイトスカイスキャナーJALJetstarが同じフライト条件で飛ぶという事実を発見。

早速この2社で検証しました。

目的地:オーストラリア ケアンズ

旅程:2018年7月1日〜7月5日

時間:往路:20:25-04:50 帰路:12:00-18:35

座席グレード:エコノミー

【JAL VS Jetstar】Jetstarは53,000円も安い

まさかのミラクル価格に目を疑っちゃいましたが、姉さん事実です!

しかし、ちょっと待て!うまい話にはワナがあるって言うじゃないかっ。

【JAL VS Jetstar】サービス・価格比較

車に例えるならJetstarは何のオプションも付けていない車両本体のみの価格。反対にJALは、一通りの機能が標準装備された車。

では、JALとほぼ同じサービスをJetstarで受けようとすると、どのくらいの値段になるのしょうか?

Jetstar オプション合計金額(往復)=18,942円

(座席指定(700円)・機内食(1,230円×3)・受託手荷物(20kg)で計算)

Jetstar基本料金 46,406円+オプション合計金額18,942円×2=合計65,348円

JALとの差額=33,849円

う〜ん・・・それでも安いは安いんですがね・・・。

なんだかミラクル度は大幅に減退・・・。しかも食事には飲み物は別なので、プラスαがあります・・・。

【JAL VS Jetstar】しかしジェットスターにはこんなモンがある!

ちゃっかりPlus=6,500円

座席指定(スタンダード)無料、機内手荷物7kgまで無料、受託手荷物20kgまで無料、機内食(2回分)無料

みんなが利用するであろうものをいくつかくっつけて、お得な料金にしたプラン。私は機内エンターテイメントもいらないし、アメニティーもいらないので、純粋にちゃっかりPlus往復分で計算してみました。

ちゃっかりPlusにした場合の料金

Jetstar料金 46,406円+ちゃっかりPlus 6,500円×2=59,406円

普通にオプション追加した場合との差額=5942円

しかも、Club Jetstar(年会費3900円)に入ると5000円ほど値引きされるということで・・・(でも、これは微妙だな・・・)

一番お得に買った場合の合計金額

55,406円

JALとの差43,791円

【JAL VS Jetstar】 まとめ

6万を切る値段でオーストラリアに行けるなんてすごい世の中ですよね。

浮いたお金でホテルをグレードアップ可能だし、現地で贅沢できる価格差です。

しかし、いい面ばかりでもなく、忘れ物に対応しないとか、融通効かないとか、機内食は高い餌遅延が多いなどあるみたいです。

でも、飛行機で現地に行ければ良い!と考えればかなりお得です。

Jetstarが向いてる人

とにかく安さにこだわる人

人的な過剰サービスなどいらん!と言う人

機内食に過大な期待はしない人(自分で持ち込むこともできるしね。)

機内食なんか食べないでとにかく寝たい人

イチイチゴチャゴチャ言わない人

今年の夏は「LCCでケアンズ行って来たよ〜!」と報告できる予感・・・。ウフ

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です