ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【紫外線対策】旅行でも日常でも使えるサングラスはこれだ!

Photo by Pete Johnson from Pexels
未だに日本でサングラスをかけていると、おまえは女優かっ!?と言われる始末の私なのですが、海外では正々堂々サングラスをして過ごします。
ヘベチャ顔ではございますが、正々堂々目を守っております。だって海外の紫外線ないですよ。

そもそもサングラスはシャレオツグッズではないのだよ

顔や体、はたまた髪の毛にいたるまで、紫外線対策は数あれど、我ら日本人はこのむき出しの臓器に対して、無防備すぎやしませんか?

グラサンは大事な臓器を守るただ一つのグッズなのですよ!

そもそもなぜ日本人にサングラスが定着しずらいのか

似合わない

この一言につきますね。

ノッペリ顔にグラサンは、かなり違和感があるんですよね。

↓ここのサイト思わず吹いてしまった・・・。beststyle.me

欧米人とは、鼻、顎、額が致命的に違いすぎますよね。
鼻の間の骨があまり発達していない人が多いので、横から見ると、鼻が顔にめり込んでるかのように見えますね・・・。

そして、日本人にとって【サングラス=変装】のイメージが未だに強いような気がします

グラサンde変装日本代表といえば・・・

・シャネルズ(古)

・西部警察(古)

・あぶない刑事(古)

・貴乃花親方(えっっ??!!)

海外と比較して紫外線量が低い

www.who.int

オーストラリアの紫外線量が日本の5倍であるのは有名な話。
日本はというと一年中平均的な紫外線量。世界的に見れば、それほど高くはありません。
オーストラリアは皮膚ガンの発症率も高く、Huluのウォントワース女子刑務所の女優さんたちが、年齢不詳にシワシワなのが納得できます・・・。

旅行中のサングラス

旅行中でも、日本でも私の愛用は世界のRay-Ban(ベタだけど・・・)

ド定番ですが、機能性もデザインも抜群!UV100%カット!しかもRay-Banはアジアンフィットモデルがあり、私たちのヘベチャイ顔にもフィットするようにデザインされているモデルがあります。

オススメモデルはこれまたド定番ですがWAYFARER。

 

ヨーロピアンブランドもおしゃれなモノが多いのですが、大きすぎる&鼻ぺちゃにはものすごく似合わない!地味な顔立ちにグラサンが悪目立ちし過ぎるんですよね・・・。

レイバンなら、カジュアルにもフォーマルにも合うので、大人として1本持っていれば、どんなシチュエーションでも大丈夫。ケチって安いものを何本も買うより、レイバン1本持ってれば最強です。

また、真っ黒モデルはまさかの柴田恭平になってしまうって方は、フレームやレンズの色を変えて回避できますよ!

オババの独り言

サングラス姿の私を見て「変なの!」とか「みっともない!」とか言いたい放題だった70代の母でさえ、最近では曇っていてもグラサンかけて出かけてます。

紫外線は白内障のリスクも上がってしまい、百害あって一理なし!

最近、紫外線の影響からか、外に出ると目が痛くて涙がオロオロ出るようになってきてしまった初老の私。健眼のためにサングラスをしているにも関わらず「女優きどりかっ!」と薄笑い浮かべてる奴などほっといて、皆様も明日からグラサンデビューしましょう!

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です