ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【星の旅人たち】万人受けはしない?スペイン巡礼行きたい人のための旅映画

(C)The Way Productions LLC 2010

【星の旅人たち】の感想です。
スペイン巡礼に行きたい人や旅することが好きな人見る映画かな?
最初と最後が感動の中盤は「ふーん・・・」みたいな普通の内容の映画。

【星の旅人たち】作品情報

原題:The Way

製作年:2010年

製作国:アメリカ・スペイン合作

上映時間:128分

監督:エミリオ・エステベス

キャスト:エミリオ・エステベス、マーティン・シーン他

【星の旅人たち】あらすじ

巡礼途中で嵐に巻き込まれ死亡した息子。その夢を追うかのように、巡礼の旅に出た初老の父親。息子はこの地で何を見たかったのか・・・?

【星の旅人たち】感想

結論から言うと、内容が普通なので、旅行とか巡礼とかに興味がないと、一切楽しめない映画です。
しかもスペイン巡礼にある程度予備知識がないと、「?」なところもある気がするので、見る人を選ぶ映画だと思います。

ゴルフぐらいしか運動したことのないジーさんが、いきなり800キロの巡礼路って歩けるモンなのか?!
巡礼前に警官に「ジジーには無理だ。」と言われていたけど、あっさり制覇してました。
死にそうだったけど、息子と一緒だったから歩くことができた。みたいな素敵ストーリーはないです。(ないんかい!)


(C)The Way Productions LLC 2010

しかし、息子の遺灰を持って歩く父の姿は、子供を亡くした悲しみが伝わってきますが、息子の年齢設定が40才って、もう少し若い設定の方がかわいそ感はあったんじゃ?見ていても「そんな年くってんのか?」感がパなかった・・・。それか、「孫も一緒に死んじゃった・・・」みたいだったらドラマ的にはなるように思うが。(ベタだけど・・・)


(C)The Way Productions LLC 2010

 道中3名ほど仲間ができますが、みんな軽目のキャラ設定です。
それぞれいろんな理由で巡礼をしているんですが、特別ドラマティックな理由でもないんで、理由なんか関係ないんだ!っていうのを伝えたいのかな?うん。そういうことにしとこう。

巡礼路にあるバルやアルベルゲもたくさん出てくるのですが、画質が悪いのが残念。
世界ふれあい街歩きの方が画質がきれいで見応えがあります。わざと画質汚してるのかな?

www6.nhk.or.jp

とにかく印象深いシーンは最初の息子の遺灰を持って巡礼しに行く!と決意したシーンと、巡礼証明書を息子の名前でもらったシーン。
ちょいちょい、爺さんのオチャメなシーンもあるんだけど、中途半端なんだよな・・・。
景色を楽しむ映画としては画質がちょっとだし・・・。

有名な海外ドラマ「ザ・ホワイトハウス」のマーティン・シーンが主演ですが、ダニエル役の息子とは実の親子だそう。やけに似てるとは思った。(マーティン・シーンがドナルド・トランプに見えたのは私だけ?)

旅好きの方は是非見てください。絶対私の言ったことわかるから・・・

星の旅人もザ・ホワイトハウスもhuluで見れます

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です