ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【土俵に女人禁制】まーたおまえらかっ!もう日本、相撲やめたら?

物事に優先順位をつけられない奴は、相撲なんかやってないで一般常識習って来い!
どうしたもんかね、この集団・・・。

ことの経緯

4日に京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業の土俵上でのあいさつの途中に多々見良三市長(67)が倒れた際、救命処置を施した女性に、土俵から下りるよう場内放送があった問題で5日、日本相撲協会で尾車事業部長(60=元大関・琴風)が報道陣に対応した。

海外でもニュースになっちゃってまっせ!
相撲の伝統では女性はimpureと言われてると・・・。www.bbc.com

このニュースをテレビで見ながら

「バカか?」「バカか?」と連呼せずにいられなかった。

最近の相撲界は、もうバカ丸出しすぎで痛い・・・。
伝統を重んじすぎる相撲界。結果アノ国と一緒?

ここんとこ、相撲の意味不明なニュースが多くて「またおまえらかっ!?」って感じなんですが、思想が宗教じみててついてけない・・・。
もし、救命措置をしていた女性看護師が、土俵から引きづり降ろされていたら、今頃死亡していたかもしれない・・・。
原理主義的行動で、テロばっか起こしてたアノ国と発想が一緒・・・。

しかも、相撲やってる場所なのにの医者近くにいなかったわけ?
力士を目指す若者も、こんな腐った文化を伝えられてもどうなの・・・。

そのあと土俵に塩まいたとかで、「女が入ったから撒いたわけではない・・。」と釈明しているらしいけど、怪しんもんだね・・・。

今までにもあった相撲界の女人禁制問題

1978年
わんぱく相撲で小学5年生の女の子が予選で優勝。決勝戦が国技館で行われる予定だったが国技館の土俵には女人は上がれないという理由で日本相撲協会が拒否。

1990年
森山真弓官房長官が、首相の名代として「初場所の優勝力士に内閣総理大臣杯を手渡したい」と申し出たが、二子山理事長(元初代横綱・若乃花)が「土俵に上がっての大臣杯授与は遠慮してほしい」と拒否。

2000年
当時大阪府知事だった太田房江氏が、春場所の府知事賞を力士に直接手渡したいと希望したが、拒否された。

わんぱく相撲は今でも女子は国技館での決勝に進めないんだとか・・・。
今何時代だっけ?

結局相撲はスポーツ競技ではなくて、伝統芸能なんですね。歌舞伎も女はいないしね・・・。

相撲の聖書的なモノがあるんだかないんだか知らないけど、女人は土俵に入るべからず。
※ただし、命に関わる重大事由が起こった場合はその限りではありません
ぐらい付け加えた方が良いですね・・・。
(伝統を重んじる方々は、いちいち書かないと臨機応変ができないようなので・・・。)

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です