ひとり旅が好物のアラフォーパンピー女子のブログ。夢は在宅旅ブロガー!

【旅英語】How are youを制する者は英会話を制する?How are youは日本人にとって超難問。

バカでもいいから、挨拶だけはしろ!と、うちの子供らには口酸っぱくして教育してました。(その甲斐あって、超バカで挨拶の出来る子に育ったけどね・・・)

そんな偉そうなことを子供らに言う私も、海外に出ると挨拶すらキッチリカッキリできない、バカで残念な日本人になることが多々あります。

How are you?

中学のころ、英語の授業の前に必ず

先生:How are you?

生徒:I’m fine thank you, and you?

先生:I’m fine too, thank you.

と大合唱しませんでしたか?(アラフォーアラフィフ世代の定番よね〜)

英語圏に旅行に行くと、どこへ行っても、

Hi! How are you?

と声をかけてもらえるわけですが・・・

昔っから変な英会話を唱えさせられていたわりに、実際言おうとなると、この変なのすら言えない。

それはなぜかを考えてみた・・・

まず、日本人の挨拶と言ったら

こんにちは!

そーすると、こっちもこんにちは!と返すのが定番。

しかし、しかしだよ・・・英語のHow are you?は、

 「こんにちは」ではない!

Hi! How are you?は「やぁ!調子どう?」的な感じ。

で、でだよ、日頃「こんにちは!」と挨拶している我ら日本人は

「Hi! How are you?」と言われると反射的に

「How are you?」と言ってしまう

そーなるとですね、「調子どう?」と聞かれたことに対して全く答えてないことになる。

な奴ですね・・・。

スポンサーリンク

 

海外で買い物するたび、呪文の如く

「グッド センクス アンジュー?」と、唱えていてもとっさに出ない・・・。(バカは私だけ?)

言えたとしても、

店員:「Hi! How are you?」

私:「・・・・・(Thinking Time)・・・・・」

「グ、グッド・・・センクス・・・アンジュー?」

テンポ悪くて、店員すでに他のお客と談笑中・・・

ここがすんなりいくとですよ、

店員:「あらぁ!あなた調子どう?」

理想の私:「チョイ疲れてる〜。あなたは?」

店員:「私はボチボチよぉ。で、今日はどうしちゃったの?」

理想の私:「それがさぁ、今日はパサデナまで歩いて来たのよぉ〜!」

店員:「マジ〜〜?ありえな〜いっ!」 

みたいな話に発展するわけですよ・・・。(そんな流暢にしゃべれんのかよ?って話はさておき・・・)

難しい話をしようとする前に、日本人はHow are you?から攻略しないと会話を始められない・・・。悲しいサガですな・・・。(こっちがHow are you?と聞く側になった場合は、上手く会話になったりするんだが。)

 

ハヴァ ナイス トリップ!

UNI

最後まで読んでいただきありがとうございます。

応援ポチっといただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です